2013年02月28日

「ツナグ」

「ツナグ」は温かく切ないファンタジー映画だ。

一生に一度だけ一人だけ、死んだ人に会わせてくれる使者が"ツナグ"だ。
ツナグである祖母アイ子(樹木希林)と、
ツナグ見習い中の高校生、孫の歩美(今人気沸騰の松坂桃李)の二人が主役。

3人の死者を歩美がツナグ。
1人目。
ガンで亡くなった母親(八千草薫)に
病名と余命を伝えなかったことを悔やみ苦しむ島田(遠藤憲一)。
母親に会ってその決断で良かったか知りたいとツナグに依頼して来た。

2人目。
喧嘩別れしたまま自転車事故で死んだ親友御園(大野いと)に会って、
事故の真相を聞きたいと女子高生嵐(橋本愛)に依頼される。
そして歩美に託される御園の言葉・・・は!

3人目。
プロポーズ直後に失踪した恋人キラリ(桐谷美鈴)を待ち続ける土屋(佐藤隆太)は、
生きていれば会えないが死んでいれば会える、というどちらも辛い選択を依頼してくる。

どの物語も涙が頬を伝う。ハンカチ携帯のこと。
樹木希林と松坂桃李は熟練とフレッシュなコンビで、
良い空気感を醸し出していたのは見事。
この映画は、後悔しないように伝える事が大事なのだということを教えてくれる。
私なら誰を依頼しようか。

「あなたがもう一度、会いたい人は誰ですか?」のコピーがずしんと来る。




にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 館長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

デジタルシネマのテレビ取材受ける

町の映画館がデジタルシネマ化で揺れています。
シネコンなど大手はとっくに巨額の設備投資を済ませています。
35oのフィルム作品が6月にほぼ終了するという事です。
これからはデジタルデータを配給会社から専用サーバーで受信し
上映するシステムです。

35oの映写機が2台、ブルーレイやDVD用の高精度のプロジェクターが使えなくなるのです。
まだリース料いっぱい残っているのに・・・ね。もうやだ〜(悲しい顔)

今映画館は、1000万円程度(もう少し安くはなりそうだけど)かけて存続するか、
廃業するか、二者択一の選択が迫られています。
当館はまた新たに借金して前進していきます。

と言うようなことを記者に話しました。
放映は2月7日(木)18時15分からUX「Jにいがた」のニュース枠で放映されます。
興味のある方はご覧ください。

にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 22:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

ジム・ローチ監督「オレンジと太陽」

ケン・ローチ監督を父に持つジム・ローチの初監督作品。
イギリス最大のスキャンダルといわれる「児童移民」の真実を明らかにした
一人の女性の実話を描いた衝撃の作品である。

社会福祉士として働くマーガレット・ハンフリーズは、
幼い頃船に乗せられてオーストラリアに送られたという女性からの話しを聞いた。
「私が誰なのか調べてほしい」と頼まれた。
それがすべての始まりだった。
調べていくにつれ、親に捨てられたと思い込んでいた子供たちが、
オーストラリアに送られ児童虐待や強制労働をさせられていた。
なんと13万人の子供たちが、英豪両国政府承認の上送られていたというのだ。

マーガレットは、離ればなれになった数千組の親子を再会させるという
気も遠くなるような仕事を成し遂げた。
オーストラリア教会の強い圧力も撥ね退け、
当事者たちによる協力も取り付けた。
胸がつぶれそうな子供時代のエピソードが、
ドキュメンタリー映画の様に次から次に語られていく。

マーガレットの調査のおかげで、
2009年にオーストラリア首相が、
2010年にはイギリス首相が事実を認め正式に謝罪したという。

この強い信念を持った女性には敬服するばかりだ。
この女性は、過去の過ちを変えることが出来ることを実証してくれた。


もっと詳しく知りたいので、原作本「からのゆりかご」をAMAZONに注文したところです。

にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 館長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。