2015年02月15日

天才ドラン「トム・アット・ザ・ファーム」

プロローグからやられた!
枯れた畑をの中を走続ける車のシーンが続く。
遙か昔に良く聞いた曲がフランス語のアカベラで歌われる。
思い出せそうで思い出せないジレンマのなかで曲は終わり、
やがて車は大農家の入り口に着く。

この場面だけで、観客を引き込む手段が凄い。
グザヴィエ・ドランが監督と主演を務めている。弱冠26歳。

カナダ映画であるが、フランス語地域であるケベック衆の田舎が舞台である。
トムは、都会でゲイの恋人だったギョームの葬儀のため、彼の実家の田舎に向かう。
そこで出会う、兄フランシスと母親アガットとの不均衡な関係。
兄はサラという不在の人物を作り上げ、母親に信じ込ませていた。
トムはギョームとサラの友人という事で、サラについて語り母は喜んだ。

この映画のジャンルは「サイコ・スリラー」といい、
心理的な要素を積み重ねて恐怖感を感じさせる手法である。
伏線を張っていくが、観客が後でそれに少しずつ気がついて恐怖に駆られていくのである。
古くはヒチコックが用いてブームとなったものである。
いわゆるスリラー映画の怖さでなく、
人間の内面に潜む本質が怖いのである。

スリラー映画なので詳細は避けるが、
兄フランシスに支配されていくトム、また母親に支配されていくフランシス。
また、サラの役をさせられる女性もまた、呪縛され逃れられない中の恐怖。
とにかく、全く目を放せなく、呼吸するのも忘れてしまうくらい、
夢中にさせる映画です。
でも見ごたえがあり満足させてくれる逸品です。

館長




にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 20:19 | Comment(9) | TrackBack(0) | 館長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。