2010年11月21日

「魂萌え!」上映会は立ち見が!


tamamoe.jpg

「22年度十日町市男女共同参画推進事業」として、
映画「魂萌え!」鑑賞会と意見交換会が当館で開催されました。

とても大勢のお客様が押しかけ久しぶりに補助いすを出しての上映でした。
この「魂萌え!」は「闇の子供たち」で来館され、
舞台挨拶をしていただいた阪本順治監督です。

まず、映画としてたいへん優れた作品でした。
さすが阪本監督です。
また、妻役風吹ジュンと愛人役三田佳子の、
迫力ある心理的な演技には思わず引き込まれました。

物語は以下です。
夫が急死し妻敏子の人生は一変する。
十年来の関係のある夫の愛人が現れるし、
子供たちは遺産相続で強引に事を進めようとする。
そんな矢継ぎ早に迫ってくる孤独や不安と闘いながら
人生に向かい歩き出していき、やがて決断する。
そんな、女性の生き方を学ぶためのヒントになるということで選びました。

会場はほとんどが中高年女性です。
時には、笑い声が聞こえたり、涙をふいたりと、
主人公とともに感情移入して、最後まで熱気の中での鑑賞でした。

tamamoe2.jpg

tamamoe3.jpg

2部のコーヒーと特製のパン菓子をいただきながらの意見交換会は、
映画の感想やら、自分の体験談などで話の輪が咲き
たいへん盛り上がりました。
私のテーブルには、夫に先立たれた方が3人いて、
「直後はすごく落ち込んだけれど、
これからは明るく元気に生きて行かなくてはと思った。
そのためには、友達や趣味などをもち社会と断絶されないことが大事。」
などと一様に語っていました。


私も運営スタッフとして参加しましたが、
みなさんが大いに満足して下さったようで嬉しく思っています。
そして初めてシネパラを訪れた方々が、
「こんな素敵な所だったらこんどたびたび来ます」と言ってくれたのです。

みなさん、大事な土曜日の午後をお付き合いいただきましでありがとうございました。





にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 館長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。