2012年12月18日

「5周年記念イベント」開催しました!

8年前中越地震でなくなった映画館。
この町にもう一度映画の灯をともしたいと願い、
5年前のこの日「十日町シネマパラダイス」としてオープンしました。

12月15日(土)「ワインと映画音楽と映画を楽しむ会」を行いました。
会場は併設のロビーです。
そこには溢れんばかりのお客様いらっしてワインなどで盛り上がっていました。

その後、五十嵐正子オカリーナトリオによる映画音楽の演奏。
五十嵐さんは十日町市出身で新潟市在住、
ピアノ水落哉子さんとベース阿部国男さんは十日町市在住の方々です。
このトリオのピュアで温かい演奏には心を打たれました。
映画音楽は、映画とともにその時代にまで連れて行ってくれます。
「シェルブールの雨傘」や「ひまわり」、
そして私の特別リクエスト曲「ニュー・シネマ・パラダイス」。
聞いているうちに涙が頬を伝いました。

その後、隣の劇場に移っていただき、
私館長とスタッフ全員がステージに上がり舞台挨拶を行ないました。
皆さまへの感謝と、5年間の経過、そしてこれからの決意を会場の皆さんにお伝えしました。
大きな拍手とかけ声まで掛けていただき心から感激・感動・感謝の念でいっぱいになりました。
その後、村山副市長が関口市長の代理で激励のメッセージを述べていただきました。

そして第2部の「天地明察」鑑賞会を行ないました。
私は疲れと安堵感とワインの酔いが回り、
フランス製のイスの精もあってか少し眠気が差してきました。

暦作りに命をかけた男安井算哲とかれを支える妻の物語である。
岡田准一がはまり役でのびのびとした演技が印象的だった。
また、宮崎あおいのおっとりした感じと、時々見せる毅然とした感じが引き立った。
数学者であり天文学者の若者が未来を切り開きチャレンジしていく様に
勇気づけられました。

とても楽しい5周年になりました。
皆さまからもたくさんの励ましをいただき、
心を新たにがんばっていく所存であります。
6年目もご愛顧下さいますようお願い申し上げます。

本当にありがとうございました。




にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 館長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。