2013年12月23日

「そして父になる」

"6年間育てた息子は他人の子供でした"
という衝撃的なキャッチコピーが映画のすべてを語る。

つい最近も、60年前に取り違えられた男性の苦悩が話題になった。
昔は結構あったらしい。
病院では「前例では、100%両親は交換という選択肢を選ぶ」と言う。
そこから、ふたりの家族の苦しみが始まった。
「血のつながり」を取るか「共に過ごした時間」を取るか。

エリートサラリーマンの野々宮良多(福山雅治)とみどり(尾野真千子)は、
高級マンションに住み、息子の慶多には教育熱心である。
一方小さな電気を営む齋木雄大(リリー・フランキー)と妻ゆかり(真木よう子)には
琉晴と弟と妹がおり賑やかでおおらかな家族である。
野々宮から見たら、雑でおおざっぱな家族に舌打ちしたい思いをする。
しかし、ふたりの母親の反応は違っていた。
血より子供との離別がなにより辛い。
尾野と真木の抑えた演技が秀逸。

2つの家族が一緒に会って過ごすことに。
そこで育ってきた環境の違いがわかってくる。
そして本人達には何の説明もされず、子供と実の親との生活が始まる。
その時琉晴がちゃんと答えてくれない良多に向かって、
「なんで?」「なんで?」「なんで?」「なんで?」「なんで?」「なんで?」と、
限りなく質問する場面には心が震えてしまった。

子供にとって何が幸せなのかを問いかける大事な場面だ。
親子の血の繋がりだけでは決して解決出来ないことを教えてくれる。

芸達者の脇役も含め、子役達の素晴らしい演技には賞賛を送りたい。
審査員特別賞を受賞したカンヌ国際映画祭では、
上映後にスタンディング・オペーションが10分間止らなかったという。

小津安二郎や山田洋次などとは切り口の違う家族映画、
是枝裕和監督の次回作がが楽しみである。




にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。