2015年02月15日

天才ドラン「トム・アット・ザ・ファーム」

プロローグからやられた!
枯れた畑をの中を走続ける車のシーンが続く。
遙か昔に良く聞いた曲がフランス語のアカベラで歌われる。
思い出せそうで思い出せないジレンマのなかで曲は終わり、
やがて車は大農家の入り口に着く。

この場面だけで、観客を引き込む手段が凄い。
グザヴィエ・ドランが監督と主演を務めている。弱冠26歳。

カナダ映画であるが、フランス語地域であるケベック衆の田舎が舞台である。
トムは、都会でゲイの恋人だったギョームの葬儀のため、彼の実家の田舎に向かう。
そこで出会う、兄フランシスと母親アガットとの不均衡な関係。
兄はサラという不在の人物を作り上げ、母親に信じ込ませていた。
トムはギョームとサラの友人という事で、サラについて語り母は喜んだ。

この映画のジャンルは「サイコ・スリラー」といい、
心理的な要素を積み重ねて恐怖感を感じさせる手法である。
伏線を張っていくが、観客が後でそれに少しずつ気がついて恐怖に駆られていくのである。
古くはヒチコックが用いてブームとなったものである。
いわゆるスリラー映画の怖さでなく、
人間の内面に潜む本質が怖いのである。

スリラー映画なので詳細は避けるが、
兄フランシスに支配されていくトム、また母親に支配されていくフランシス。
また、サラの役をさせられる女性もまた、呪縛され逃れられない中の恐怖。
とにかく、全く目を放せなく、呼吸するのも忘れてしまうくらい、
夢中にさせる映画です。
でも見ごたえがあり満足させてくれる逸品です。

館長




にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 20:19 | Comment(9) | TrackBack(0) | 館長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大好きな女優の一人。
安藤サクラさんの「0.5ミリ」みました。

とても、よかった。

もう一度、じっくりと見てみたい。

「百円の恋」も楽しみにしています。
安藤さくらさんを2作品もかけていただき
ありがとうございます。

料理をする。
洗濯をする。
あいさつをする。
日常の立ち振る舞いの美しいこと。

それでいてワイルド。

ますますサクラさんに。
ほれてしまいした。


Posted by シネパラマニア1061 at 2015年04月15日 18:09
大好きな安藤サクラさんの
「百円の恋」見ました。
期待以上によかった。

百円。

なんか、安っぽい感じですよね。
恋に値段?。

それは、見てから。のお楽しみ。

映画で、久しぶりに泣いてしまいました。
映画の中の「いちこ」ちゃんを応援したくなりました。
「サクラさん。」いいです。


かといって。
力むことなく。肩の力を抜いて、
気楽に見られます。
私の中では、4月までのシネパラ作品で
一番の映画でした。
十日町シネマパパダイズさん。
ありがとうございます。

Posted by シネパラマニア1061 at 2015年04月27日 20:43
ja十日町年金友の会の「天童よしみ歌謡ショー」を見て、
いなり寿司で遅い昼食とる。
疲れたので、
お昼寝をして、
起きて見たら、午後の4時。
今日は、遊ぶぞと覚悟を決めて、
十日町シネマパラダイスに「おみおくりの作法」を見に行く。

ネットで評判を確かめていたので 
どうしても、外したくなかった。

やっぱり。
よかった。
見て。
正解。

よく練られたあらすじ。
役者さんの確かな演技。

物語は、淡々と進むけれど。

原題は「still life」--静物画−−

いわれてみれば、そうかもしれない。

ラストで思わず、気持ちが静かに沸騰。
胸が熱くなる。

この映画。
いいです。




Posted by シネパラマニア1061 at 2015年06月06日 21:37
海街diary。

よかったから。

もう一度。
見に行きます。

Posted by シネパラマニア1061 at 2015年09月01日 09:06
「フレンチアルプスで起きたこと」を彼女と一緒に見ました。

最終上映ということであわててかけつけました。

−あらすじは、ネットで見ていただければ。−

そりやぁ。
男は、家族を置き去りにして、
とっさに部屋に逃げたのは、悪かったけれど。

ああぁ。
理論たてて。
しつこく。
そのことをいつまでもせめられたんじゃ。
それも。
楽しいはずの。旅行にきてて。

男のぶんざいとしで。
いたたまれたもんじゃ。
ありません。

と彼女にいったら。

あなたは、女の気持ちがわかっていない。
映画に出てくる、男と一緒だ。

とか。

言って。

帰りの車中で、熱くなりました。

まぁ。


どっちも。
どっちですけどね。

私は、ああいうとき。
そばにいて。
家族を守ってあげたいとおもいますけど。。
Posted by シネパラマニア1061 at 2015年09月19日 08:40
野沢菜をつけこもうとしていた日曜日。
雨が降ったので、先に延ばして。

シネマパラダイズさんの一押しの映画。
「マミー」を彼女と見に行った。

問題を抱える青年。
母親。
そしてもう一人の病む女性。

最初のシーンから、私の感情をわしづかみ。
ぐぐっ。と映画のなかに入ってしまった。
とにかく。映画らしい映画。
映像も美しいし。
音楽もよかった。

誕生日のパーテーで三人の心がほぐれで、溶けてゆくダンスシーンが忘れられない。

この映画。
映画館で見る映画だと思う。
だから。
私からも、イチオシです。

車中で
母親の彼女としては。
「重たい映画だった。」と言っていたけれど。

私は、むしろ。

最後に、希望を感じてきたけれど。


Posted by シネパラマニア1061 at 2015年11月08日 20:58
1月11日に彼女と「雪の轍」を見に行きました。

成人の日なのか。
館内は、大勢の人で賑わい
華やいでいました。

3時間を超える長編映画はさすがに長いと思いましたが
数々の有名な受賞作品だけに、
緊張感もあり。最後まで、集中してみることができました。

見てよかったです。

お正月にこれだけの大作を上映する「十日町シネマパラダイス」さんの心意気を感じました。
この小さな町で、いつでも、映画を見られる幸せを感じています。

ありがとうございます。



Posted by シネパラマニア1061 at 2016年01月15日 16:41
2月2日に彼女と「さよなら、人類」を見ました。

数々の有名な賞を取った作品ということで見に行きました。

フラットな画面の中に役者さんが動く。
というと、
芝居みたいですが。
そうでもなくて、
初めて見てみる、不思議な映画でした。

−−シュール−−

そうかもしれない。

Posted by at 2016年02月03日 19:50
雪がないので足下が軽いです。

2月7日、彼女と「岸辺の旅」を見ました。

物語は、あの世と、この世をいったりきたりして夫婦でたびをする。

私の想像力では、混乱してしまいました。






Posted by シネパラマニア1061 at 2016年02月09日 09:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。