2013年12月23日

「そして父になる」

"6年間育てた息子は他人の子供でした"
という衝撃的なキャッチコピーが映画のすべてを語る。

つい最近も、60年前に取り違えられた男性の苦悩が話題になった。
昔は結構あったらしい。
病院では「前例では、100%両親は交換という選択肢を選ぶ」と言う。
そこから、ふたりの家族の苦しみが始まった。
「血のつながり」を取るか「共に過ごした時間」を取るか。

エリートサラリーマンの野々宮良多(福山雅治)とみどり(尾野真千子)は、
高級マンションに住み、息子の慶多には教育熱心である。
一方小さな電気を営む齋木雄大(リリー・フランキー)と妻ゆかり(真木よう子)には
琉晴と弟と妹がおり賑やかでおおらかな家族である。
野々宮から見たら、雑でおおざっぱな家族に舌打ちしたい思いをする。
しかし、ふたりの母親の反応は違っていた。
血より子供との離別がなにより辛い。
尾野と真木の抑えた演技が秀逸。

2つの家族が一緒に会って過ごすことに。
そこで育ってきた環境の違いがわかってくる。
そして本人達には何の説明もされず、子供と実の親との生活が始まる。
その時琉晴がちゃんと答えてくれない良多に向かって、
「なんで?」「なんで?」「なんで?」「なんで?」「なんで?」「なんで?」と、
限りなく質問する場面には心が震えてしまった。

子供にとって何が幸せなのかを問いかける大事な場面だ。
親子の血の繋がりだけでは決して解決出来ないことを教えてくれる。

芸達者の脇役も含め、子役達の素晴らしい演技には賞賛を送りたい。
審査員特別賞を受賞したカンヌ国際映画祭では、
上映後にスタンディング・オペーションが10分間止らなかったという。

小津安二郎や山田洋次などとは切り口の違う家族映画、
是枝裕和監督の次回作がが楽しみである。




にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

「ちづる」と赤崎監督

話題のドキュメンタリー映画「ちづる」の上映がはじまった。
ちづるさんは重度の知的障害と自閉症を持つ赤崎監督の妹である。
彼は妹の存在をずっと友達に隠してきた。
今になってどのように伝えて良いかわからなかったのだ。

それで大学の卒業制作に妹を撮ることにした。
1年に渡り追い続けた家族にしか撮れない映像が映し出される。
ちづるさんの天衣無縫と言って良いキャラクターは、
とても魅力的である。
破天荒で繊細であるがスイッチが入ると時には凶暴にもなる。

登場人物は他に、お母さんと、監督の兄、そして犬のバナナだけである。
無邪気に振る舞うと思うとトタンに落ち込む、そして母との言い合いと腕の挌闘。
予想不能の行動にみんなが振り回されるが憎めない。
やがて母と監督との将来についての話し合いが延々と続く。
そして、あっけない結末に。

母と娘が毎日のことだが、飲み物を買いに自動販売機に向かい道を駆ける。
そこで初めての音楽が。ピアノの旋律が心に迫ってくる。
涙か止まらなかった。
現実にある親子の姿、理屈ではなく感動が襲った。

その後の赤崎監督の講演会の語りは、ひたひたと胸に迫ってくる。
映画の撮影とともに赤崎監督も成長した記録ではないのかなと感じた。
今、母娘が幸せな日々を送っていることを信じている。

この映画によって、障害者への理解を深めることになればと、
快く後援を引き受けてくださった十日町市福祉課に感謝いたします。

にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

デジタルシネマのテレビ取材受ける

町の映画館がデジタルシネマ化で揺れています。
シネコンなど大手はとっくに巨額の設備投資を済ませています。
35oのフィルム作品が6月にほぼ終了するという事です。
これからはデジタルデータを配給会社から専用サーバーで受信し
上映するシステムです。

35oの映写機が2台、ブルーレイやDVD用の高精度のプロジェクターが使えなくなるのです。
まだリース料いっぱい残っているのに・・・ね。もうやだ〜(悲しい顔)

今映画館は、1000万円程度(もう少し安くはなりそうだけど)かけて存続するか、
廃業するか、二者択一の選択が迫られています。
当館はまた新たに借金して前進していきます。

と言うようなことを記者に話しました。
放映は2月7日(木)18時15分からUX「Jにいがた」のニュース枠で放映されます。
興味のある方はご覧ください。

にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 22:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

「おおかみこどもの雨と雪」

「おおかみこどもの雨と雪」は優れたアニメーション映画だ。

大学生の花は、人間に変身しているおおかみおとこと恋に落ちた。
その後、結婚し二人の子供(姉の雪と弟の雨)を産み育てていた。
ところが事故で夫が死んでしまう。

その後都会での窮屈な暮らしから、自然に囲まれた田舎に家を借りて住むことになった。
村の人たちが親切にしてくれたおかげで、仕事も見つかり畑仕事にも精を出した。
子供たちは大自然の中で生き生きとしていく。
この様子を描く場面は秀逸である。
学校で雪が事件を起こし、周囲から疑いの目で見られおおかみのこであることを悩む。
そこで生まれる友情は心を温かくする。

ふたりは、成長と共に、人間として生きるか、
おおかみとして生きるかを選択しなければならない。

語り手は花役の宮崎あおい。
芯の強いそして暖かみのある声には全編通して魅了された。

この作品は、スタジオジブリ作品に迫ったものと言えるものだ。
細田守監督とアニメーションスタジオ「スタジオ地図」制作スタッフに敬服!

にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

粟津ケン氏と大西健児氏来館、8o映画を熱く語る!

大西健児さんは、こよなく8o映画を愛し若い映像作家を育てている人で、
「銀鉛画報会」という集団を主宰している。
今回が初の試みと言うことだが、
劇場の客席3列目くらいに8o映写機を設置しスクリーンに直接映写する手法を取った。
「銀鉛画報会」は1巻3分のフィルムを繋ぎ合わせ、短いものから長いものまで色々である。
自分たちで現像するということで、素材は手作り感が溢れている。
白黒あり、カラーあり、テーマも様々だ。
実験映画や、前衛映画など、どの作品も意欲に満ちている。
8oの特徴だが三脚ななど使わないいわゆる手持ち撮影なのでブレが多い。
90分間目をこらして見ていたら珍しく三半規管がやられた。
「多摩川暮らしの手帖」はまったりしていて心地良い映画だ。
"猫が好き"という共通項も気に入ったし、良い関係の夫婦に感動した。

私も30年前8oに凝っていたことがあり、ずいぶん子供たちを写したものだった。
懐かしい記憶が蘇ってきた。


粟津ケンさんは前ページに書いた通りだが、
芸術への幅広い視角と深い奥行きの中から出てくる語りの上手さに引き込まれていく。
その割にはお茶目なところがあり、そのギャップが楽しかった。
キナーレに粟津潔所蔵の書物がたくさんあるとのこと、今度ゆっくり手に取って見たい。

イベントが終わった後、ロビーでグループワークのように話し込み、
それぞれがポーズを取っての記念撮影、楽しかった。
たいへんお疲れ様でした。

にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

「国道20号線」「サウダーヂ」

リクエストが多かった富田克也監督の作品を2本上映しました。

「国道20号線」
ろくに働きもしないで、パチンコ屋通いとシンナー漬けの同棲カップルの日常を描く。
借金は嵩むし、危ない仕事にも手を出しても生活を変えようとは思わない。
シンナーを吸う場面を初めて見たが、
こちらまで酸欠になりそうなほどリアルな表現だったため、
気持ち悪くなってきた。
派手な柄物の上下の男とジャージの上下姿の女は、
どこに行くにも同じスタイルでゾーリを引きずって歩く。
部屋はゴミだらけ、パチンコへ行く以外はただ寝転んでいる。
そしてシンナーを吸う。
映画の中と分かっているのに、
こういう人間を見ているだけでこの無気力さにイライラしてくる。
これが監督の狙いだったら、まんまと引っかかってしまった映画である。

国道20号線上には、大型量販店、パチンコ屋、
サラ金のATMが多く立ち並び不夜城の様だ。
一方、中心商店街はシャッターが下り寂れている。
これが日本中の地方都市のありふれた風景だと監督は訴えた作品。
観ていて虚無感を抱かせられた。


「サウダーヂ」
タイトルの意味はポルトガル語で郷愁・憧憬などを意味する言葉という。
監督の出身地、甲府市にはブラジル人やタイ人、フィリピン人など
大勢の移民が住み着いている。
中でもブラジル人は、日系ブラジル人の3世4世が働く場所を求めて
移民として多く住んでいる。
そんな町に住む、土方をしている精司のと、ヒップポップに命をかけ土方の新米の猛。
映画はこの二人を中心に物語が展開していく。
二人とも現状の中で行き詰っているが、迷いながらも体一つで稼いでいる。
少しの収入はほとんどタイパブで使ってしまう。
精司は、エスティシャンの妻がいるのにタイ人のホステスに熱を上げている。
猛は、ヒップポップのライブでブラジル人と小競り合いとなり、
それがきっかけでブラジルのヒップポップグループを敵視するようになる。

3時間の長編なのでストーリーの紹介はこの辺にしておくが、
私たちにとって異質なことや、体験したことも見たこともないもの、
たとえば土木工事現場などに触れることができる。
ラストに、精司にとっても猛にとっても意外な結末が用意されていた。
猛には「どうして?」と問いたい。

富田監督により多様な視点を持てたことは大きな収穫でした。

にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

「ヒミズ」頬を張られたような衝撃

ようやく園子温監督の「ヒミズ」の上映を始めました。

ヴェネチア国際映画祭では、上映後8分間も拍手が鳴り止まなかったという話題作です。
主役の染谷将太と二階堂ふみ体当たりの演技が評価され
最優秀新人俳優賞を二人とも受賞という栄誉を与えられました。

住田裕一と茶沢景子。
ふたりとも将来は「普通に生きること」を望むだけの中学3年生。

映画では、怒鳴る、殴るの場面の連続で、暴力が満ちていました。
歪んだ親子家族と、抱える大きな荷物に心が痛みます。
そんな出口のない絶望的なシーンが続きます。

しかし、懸命に住田を信じ支える茶沢の存在が、ほのかな未来を感じさせます。
そして突然、我々観客に襲いかかる感動の波!
涙が止らなかった。

誰でも心が爆発したくなることがある。
しかし解決していくすべがある。
それはは、"両親や友達から愛され、そして愛すること"
と私は思います。

この映画は、人間を信じ、立ち上がるきっかけを与えてくれます。

そして、津波に流された廃墟となった場面が、最初のシーンと後半に出て来ます。
日本に現在進行形で起きていることで、
監督は絶対映画に入れたいという強い思いで撮影を決行したとのことです。

住田ガンバレ!  若者ガンバレ!

にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

「あぜみちジャンピンッ!」舞台挨拶を終えて

「あぜみちジャンピンッ!」は耳の聞こえない少女がストリートダンスと出合い、
ダンスを通して成長していく感動物語です。
オール新潟県ロケで、見慣れた身近な風景がたくさん出て来ます。

上映終了後に西川文恵監督、主演の大場はるかさん、
そして助演の上杉まゆみさんによる舞台挨拶が行なわれました。
たった今スクリーンで観た役者さん達の話は、
面白く楽しいものでした。
撮影は3年前で、大場さんは中3、上杉さんは小6だったとのこと。
驚きました。

大場はるかさんは高校受験を控えている時期で、
その上、手話やダンスの練習をこなしたとのこと。
根性がある人だと感じました。

上杉さんはお茶目なムードメーカーです。
陰のある気の弱い役、上手かったでした。

西川監督はロンドンで映画制作を学び、
これが長編初監督という。
原案を自らあたためメガホンを取った作品です。

知人の聾者の人から映画の感想をきいたところ、
「自分たちの手話のやり方や現実的な生活が、
キチンと描かれていた。こういう描き方をした映画は初めて観た」
と高い評価をしていました。

私自身の感想は、
爽やかで優しい風が心の中を吹き抜けたような、そんな映画でした。


すべて撤収後に、十日町名物のへぎそば屋さんに案内しました。
みなさん大喜びで写真を撮りまくっていました。
それもアングルを気にしながらの撮影で「さすが!」でした。


一日本当にお疲れ様でした。
お客様も大喜びでした。ありがとうございました。


にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

生き方の指南書    <館長>

映画の素晴らしさは言うまでもありませんが、
映画の中から考え方や生き方、人間関係を学べます。

特に不器用で、対人関係が下手な主人公には共感します。
一緒に傷つき、一緒に喜び、思いを自身に重ねます。


「レスラー」はまさにそんな映画です。
ミッキー・ロークは、ぶよぶよになった体に
ステロイドを使い試合に臨むレスラーを演じています。
若い時のミッキー・ロークは素敵だった。
特に「ナインハーフ」ではセクシーだった。
この映画では、不器用なレスラーであり父親であるランディが、
最後に見せる命を賭けるシーン。
思わず目を覆ってしまった。
そしたら、終わっていた・・・。


久しぶりに空の上の映画鑑賞をしてきました。
まず「ダ・ヴィンチ・コード」の続編「天使と悪魔」を観ました。
前作より体を絞ったトム・ハンクスが、
ヴァチカンを舞台に迫力ある役柄を演じています。
最後の最後まで結末が分からないも面白かったでした。

次に2001年のアメリカの旧作ですが、
「海辺の家」を観ました。
末期がんを宣告された父と、反発してきた息子の交流の物語です。
その他彼らを取り巻く人間模様には興味を引かれました。


そして「剣岳 点の記」。
前評判が良かっただけにがっかりしました。
剣岳と立山連峰の大自然の凄さは、
力量ある撮影監督のカメラで充分表現されていました。
またキャストも達者揃いで言うことはないのですが、
なぜか全く感動しませんでした。
多分私の中で、
「八甲田山死の行軍」の
吹雪と闘う行軍の苛酷な場面が
強く残っているせいかも知れません。
「天は我々を見放した・・・!!!」
という有名なセリフと共に、
記憶の奥に深くに入っています。


「60歳のラブレター」は地味な映画ですが、
心に染み入るものでした。
それぞれの夫婦や親子のあり方や、
ズバリ生き方などがたくさん詰まっています。
残念ながらもう30分くらいのところで
デシダル機器が使えなくなり、
結末は分かりませんが、
きっとそれぞれが道標を見出せたと信じています。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



話は変わって今週火曜日、
福岡市のある映画館などの複合施設を運営している
大資本の会社の方が、
当館の話を聞きたいと大挙していらっしゃいました。
開館して20年、
今では多くのシネコンの乱立などにより環境が大きく変化しており、
今後の映画館事業を模索したいということでした。

でも「どうしてまだ実績もないチッポケな当館へ?」と思ったら、
ホームページなどで、活発に話題を提供しているし、
ロビーなどの活用や会員組織など運営方法について
話を聞きたいとのことでした。

1年10ヶ月前までは全くの素人ですので、
お役に立てるかどうか分からないことの
言い訳を述べ、一通り拙い説明をしました。
その後は、こちらから逆質問をし、
色々参考にさせてもらいました。
いずれにせよ、全国各地の単館系の映画館が苦しみながらも
一生懸命努力していることを知り勇気付けられました。

ありがとうございました。



にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 17:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

後藤利弘監督が来館    <館長>

栃尾を舞台にした「モノクロームの少女」が今長岡市で公開中ですが、
先週、脚本・監督をされた五藤利弘氏が上映の打合わせに来館しました。


IMG_0073.JPG


早速、試写版を観ました。
ゆったりとした流れで物語は進んでいきます。
そんなテンポですが、ミステリアスな部分もあり厭きさせません。
また、栃尾の町を丁寧にそして魅力的に描いています。
川と橋、雁木通り、谷や田などの背景があたたかい。
そして、若き役者達と、熟練した役者達が絡み合い、
やがてクライマックスへ。

あの写真に写る女性の強い眼差しが
強く心に残りました。

早速上映の予定を立てました。
五藤監督は静かな方でしたが、
きっと温厚な中にも熱い心を持っている方と思いました。
具体的に決定次第お知らせいたします。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


「ポチの告白」を観ました。
警察の組織的犯罪を描いたものですが、
いやぁ凄い内容でした。

最初、この映画を上映をしようか迷ったのですが、
最近、裁判員制度を巡る参加の仕方や、
また冤罪などのニュースが続いている中で、
警察・検察・裁判のあり方が問われているここと、
単純に興味をかきたてられたので、決定しました。

途中休憩時間をはさみ3時間30分という長い作品ですが、
最後まで退屈せずあっという間でした。
一週間上映のため12日までです。


ところで、最近ブログランキングに参加しています。

ちなみに現在のランキングは、
映画劇場鑑賞ランキング3位、
単館・ミニシアター系映画ランキング3位、
日本映画(邦画)ランキング11位と、
結構健闘しています!

みなさま、ポチッと押して、応援してください。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

お年玉特別上映! <企画 岡元>

new_cinema_paradais.jpg

新年明けましておめでとうございます。

十日町シネマパラダイスからのお年玉として、特別にニューシネマ・パラダイスは
高校生以下の入場料を500円にいたします。
(一般の方は通常料金になります)

ニューシネマ・パラダイスは、館長がこの映画館を作る原点となった映画です。
お分りと思いますが、当館の名前もこの映画から取っています。

本作はアカデミー賞を始め、数々の賞を受賞しています。
素晴らしい作品ですので、ぜひ高校生以下の若い世代の方々にも見て欲しいと思い特別料金での上映を決定しました。

ぜひ皆さんお誘い合わせの上、ご来場ください。


企画 岡元

にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 01:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

十日町シネマパラダイスのブログができました <企画 岡元>

初めまして、企画担当の岡元と申します。

先日15日に新潟県十日町市の映画館「十日町シネマパラダイス」がオープンいたしました。
オープンには沢山の方にご来場頂きまして、誠にありがとうございました。

このブログでは、「十日町シネマパラダイス」のおすすめの映画や、スタッフの日記等を発信して行こうと思います。

宜しくお願いいたします。



企画 岡元



にほんブログ村 映画ブログへ
映画ブログランキングに登録しています。
↑ ポチッとボタンを押して応援してください ↑


posted by シネパラ at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。